2007年10月

2007年10月09日

社長・会社の生命保険と税理士

アキバ(秋葉原)で働く税理士の沓掛伸幸です。


(自称)日本一保険のわかる税理士です。


保険については、生命保険会社で保険商品開発(保険を作り出す)、マーケティング企画(保険の売り方を考える)、保険営業(保険を売る)、事務システム開発(売れた後の事務処理)などほぼすべての業務を経験し、保険の裏の裏までを熟知していると思っています。

詳しいプロフィール


さて、11月は「生命保険の月」です。保険各社がキャンペーン月としていて、営業ノルマは通常の3倍!!ぐらいに跳ね上がります。10月の今ごろは、その仕込み時期ですね。社長の会社へも保険の営業マンが熱心に保険を勧めに来ているのではないでしょうか?


でも、保険は慎重に検討してくださいね。


会社契約の保険は、正直、会社の成長にマイナスとなるものも多くあります。
保険の営業マンには、「会社の成長」といった視点はありませんからね。当たり前です。会社の決算書を、見ることもなければ、見方もよくわからないのですから。
彼らは、保険の内容や節税効果だけで、心底、良い保険だと思って勧めるのです。
その結果、会社のためにならない保険に加入してしまう失敗があとを絶ちません。保険は難しいので、第三者の立場で内容を理解しアドバイスできる人間が皆無に近いのも一因でしょう。


だから、生命保険は「決める前」(←重要です、契約前ではなく心を決める前です)に税理士に相談してくださいね。


保険に疎い税理士でも、「この保険、会社の成長にマイナスとなりませんか?」という質問にはそれなりに応えてくれると思います。


この時期、保険の営業マンは、通常の3倍のノルマをこなすため必死です。営業の押しに負けて契約、あとで、保険屋にだまされた。なんてならないように。税理士のセカンドオピニオンは、忘れないでくださいね。


みなさんの応援で順位が上がります。
↓今何位かな? クリックよろしくお願いします人気ブログランキング 東京都千代田区の税理士法人TOTALの沓掛伸幸です。1日1クリックしてくれるとうれしいです。


コメント・トラックバックの
マナーは守ってくださいね。東京都千代田区の税理士法人TOTALの沓掛伸幸です。


Profile
最新コメント