2008年04月

2008年04月07日

税理士法人の税理士

こんにちは。東京都千代田区の税理士法人TOTALの沓掛です。


最近、会合に出席するとたいてい質問されます。「沓掛さん、独立しないんですか?」


私は、毎回キッパリ答えます。「ありませんネ!」


「税理士は、独立開業するもの」という常識があるようです。しかし、私は、その前の大前提として「仕事はチームワークでするもの」と考えています。会社人なら当たり前の考え方ですね。



ましてや最近の税法は入り組んでいます。中小企業でも1つの特別措置の見落としで数十万の節税をフイにすることだってザラです。



こうした状況下で、独立開業して1人で仕事をする気にはなれません。また、お客様にもメリットがあるとも思えません。



時代は変化しています。「多くの税理士・スタッフが集まり、チームで仕事をしてチェックを重ねるシステム」、すなわち、「高い業務水準を維持するしくみづくり」が重要となっているのです。それゆえ、独立開業ではなく「税理士法人の税理士」にこだわっています。



また、「税理士法人の税理士」にこだわる理由がもう1つ。ノウハウの蓄積です。



税理士1人で状況を把握しきれるお客様は普通70社程度、目一杯働いても100社弱でしょうか。独立開業であれば、それ以上のお客様を担当することは難しく、ノウハウの蓄積も頭打ちになってしまいます。



いくら、税理士が税務会計のプロとはいえ、事例を積み重ね、研鑽を続けなくでは、常にお客様に満足していただくことは難しいでしょう。



今、弊社のお客様は270社、まだまだ増えています。そこからの事例が積み重ねられ、最新のノウハウがお客様にフィードバックされていく。そうしたしくみの中で働きたいという想いがあります。縁あってご契約いただくお客様には、常に満足していただきたいですからね。



じつは、冒頭の答え、「(独立開業は)ありませんネ!」には続きがあります。冗談半分、本気半分でこんな風に答えています。



「今の税理士法人が、会計業界の『トヨタ』になったら、独立開業のメリットは無いじゃないですか?!」(笑)。


東京都千代田区の税理士法人TOTALの沓掛です。

行政書士・司法書士事務所TOTALもよろしくお願いいたします。

Profile
最新コメント