2008年06月

2008年06月05日

税理士と保険

こんにちは。東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。

先日、ある保険会社のセミナー講師を務めました。

実は、報酬をいただいてセミナー講師をするのは初めて。今回のセミナーは定期的に開催されていて、直前の講師は、業界最大手クラスのT税理士法人が担当。報酬あり、しかも大手税理士法人の直後ということで、かなりプレッシャーがかかりました。


が、今回は、参加者が保険の営業マンの方だったので、ラッキーでした。私の得意な分野、「生命保険」をテーマに選ばせていただきました。このテーマなら、どの税理士にも負けませんし、前回と比べても見劣りしていないでしょう。

タイトルは「税理士の生命保険に対する考え方」。日ごろ、お客様にお話している「保険についての考え方」、「会社にとっての『よい保険』と『悪い保険』」の話をたっぷりとしてきました。

話の中身はご納得いただいたと思うのですが、保険についての厳しい見方も披露したので「保険を売るなってこと?」といったぼやきもちょっと聞こえてきましたね。

でも、お客様にとっての真実だからしょうがないです。

中小企業の経費削減のツボは何か?仕入や給料ではありません。これらは、どんな社長でも注意を払っているからツボとは言えない。

答えは「家賃」、「車」、「保険」です。この3つは、知らず知らずのうちに経費をかけてしまい、なおかつ高い買い物。

だからこそ、「悪い保険」には目もくれず、会社にとって「良い保険」を選んで入ればなりません。

来月、7月は生保会社のキャンペーン月です。保険営業マンの売り込みも激しくなると思いますが、入るなら「良い保険」にしてくださいね。

そのためにも、会社の保険は、入る前に税理士に相談。これ、鉄則ですよ。


東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。

行政書士・司法書士事務所TOTALもよろしくお願いいたします。

Profile
最新コメント