2009年06月

2009年06月15日

弁護士と税理士

こんにちは。東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。


 先日、弁護士の方と税務調査に臨みました。

 やはり、法律の議論は、弁護士の方のほうが数枚上手でしたね。

 レベルの高い方だったので、なおさらでした。訴訟などの争いがメイン

業務ですから当然なんですけどね。

 でも、税理士だって、税務調査で調査官と議論することもある。

 見習うべき点が多く、とても有意義でした。


東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。
行政書士・司法書士事務所TOTALもよろしくお願いいたします。

2009年06月06日

税理士のやり方

こんにちは。東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。


 先日、税理士を変えたいとのことでお客様のご相談を受けました。ご不満点の1つは、「担当者により会計や税務のやり方が違う」とのこと。

 

弊社では、通常、当てはまらないのですが、当てはまる(ように感じる)こともあります。



弊社では業務の標準化に力を入れています。業務のマニュアル化を進め、どの担当者でも同じ方法で処理するようにしています。そのため「担当者ごとにやり方が違う」ことはあまり起こりません。


でも、「担当者ごとにやり方が違う」ように感じる場合があります。 また、担当者が同じでも「以前、聞いたやり方と違う」と感じることもあるでしょう。



なぜなら、業務のマニュアル自体が、必要に応じて変更されているからです。



業務マニュアルは、日々の業務処理での問題点や税務調査での指導項目をもとに必要に応じて見直しています。もちろん、変更は、見直し前後のメリット・デメリットを検討し、変更する価値があると思われる項目だけに限定しています。 そのため、処理の方法が変わることがあります。 お客様の「メリットあり」としたものだけを変更していますので、お客様にはご説明のうえ、処理方法の変更をご納得いただいています。



このマニュアル変更のタイミングによっては、「担当者ごとにやり方が違う」ように感じられるケースもあるわけです。



でも、税務は生き物です。税制改正はもちろん、世間の関心や税務行政の視点によって税務・会計処理が変わるのはしょうがないと思っています。
それよりも、その世間の流れにどんどん順応していき、お客様にお伝えすることが、お客様のメリットを最大化できるのではないかと思っています。


処理方法変更の際は、ご不便をおかけすることがあるかもしれませんがよろしくお願いします。




東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。
行政書士・司法書士事務所TOTALもよろしくお願いいたします。

Profile
最新コメント