2010年01月

2010年01月12日

税理士のポイント 銀行借入

こんにちは。

東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。



さて、年始早々、日本航空が法的整理、つまりは「倒産」の方向とのことで、経済環境は相変わらず厳しいですね。

そんな折、お客さまからの銀行借入のご相談が増えています。



銀行借入の審査は、普通、決算書でやるのはご存知の社長も多いと思います。決算書の各項目により、さまざまな評価ポイントが算出され、会社全体の評価(「格付」です)が決まります。

その「格付」により、借入枠や金利が、ほぼ自動的に決まる
仕組みです。



借入するには、増収増益なら申し分ありませんが、決算日以後に利益を急増させることはできないですよね(意図的にやれば「粉飾決算」になってしまいます)。



でも、同じ売上、同じ利益でも、銀行評価が「高い」決算書と「低い」決算書があるのをご存知ですか?



決算書の作り方によって、銀行の評価が変わってくるんです。



同じ利益でも、「借りれる」決算書と「借りれない」決算書が出てくるわけです。



多くの社長は、決算書を税理士に作らせていると思います。でも、この「銀行ウケする」決算書の作り方、税理士でも知っている税理士と知らない税理士がいるんです。



借入相談を多くこなしている税理士が、より詳しいのは言うまでもありません。



社長の顧問税理士は、借入相談に強いですか?
もう一度、確認してみてくださいね。 




東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。
行政書士(建設業許可)・司法書士(会社設立)TOTALもよろしくお願いいたします。

2010年01月03日

税理士がケガから学ぶ

あけましておめでとうございます。
東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。
本年もよろしくお願いいたします。



 近ごろはブログの更新が滞っておりましたが、気持ちも新たに
今年最初の更新です。



 実は、昨年末、通勤途中に階段で転倒、ケガをしました。
 転んだ時、顔面をしこたま階段に打ちつけ、打撲。
メガネがヒン曲がり、切り傷の流血もひどかったです。



 そんな中、フラフラでたどりついた駅の駅員さんの優しさ、
救急隊員さんの迅速な行動、運び込まれた病院での先生や
看護士さんの的確な対応。



 全てが、ケガして落ち込み、不安いっぱいだったココロを
元気づけてくれました。感謝の気持ちでいっぱいです。
おかげさまであっという間に全快しました。



 分野は違えど税理士も、不安を受け止め、的確なアドバイスで
起業家や中小企業の社長を元気づけるのも仕事のひとつ。



 昨年末の体験で、アドバイス一つでお客様の気持ちを大きく
変えられることが身にしみてわかりました。



 この体験を活かして、今年も中小企業を元気するよう奮闘して
いきたいです。




東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。
行政書士(建設業許可)・司法書士(会社設立)TOTALも

よろしくお願いいたします。

Profile
最新コメント