2010年07月

2010年07月28日

税理士の採用

こんにちは。


 東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。


 さて、税理士事務所にとって、夏のこの時期はスタッフの採用シーズンです。8月上旬に税理士試験が行われるので、試験が終わってから就職・転職という方が多いからなんです。


 弊社でも、この時期それなりにたくさんのご応募をいただきます。

 
 正直、かなりの難関です。


 採用のポイントは。。。


 税理士業界でのキャリアや知識?


 あるに越したことはありませんが、絶対ではありません。


 重視しているのは、仕事に対する熱意と気遣い、そしてテンポの速さです。


 すべて、中小企業の社長が求めているものですね。


 税理士は、帳簿や税務申告書をつくる事務屋ではありません。

 帳簿や税務申告は当たり前。

 お客様の会社の発展を真剣に考え、少しでも役に立つアドバイス、気がきくアドバイスをすることが重要です。会計や税務はそのツールにすぎません。


 そのためには「専門バカ」では、話になりません。

 社長のお話をうかがい、1を聞いたら10の状況を把握する、その状況から課題点を見つけ出し、テンポよく対応できる。そんなスタッフを求めているのです。


 今回も、そんな気持ちのよいスタッフが採用できるよう連日面接しています。


 秋には、ご挨拶させていただくことがあるかもしれません。

 その際は、弊社の採用基準が正しいか、社長ご自身の目でご確認くださいね。

  

 東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。
行政書士(建設業許可)・司法書士(会社設立)TOTALもよろしくお願いいたします。


mezase_koumei at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年07月07日

税理士と司法書士

こんにちは。


 東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。

 さて、弊社のグループ名は「TOTAL」です。税理士のほかにも司法書士・行政書士・社会保険労務士などの専門家が、同じオフィスで仕事をしています。

 これ↑、想定していないメリットを発揮することがあります。


 先日もこんなことがありました。


 司法書士に急ぎで土地の名義変更の依頼がありました。

 税務上の、親子間の贈与の特例をつかって土地を贈与するとのこと。

 土地の価格は、特例の限度額以内なので税金はかからないとお客様は安心していらっしゃいました。

 しかし、弊社の司法書士は、お客様のお話から税務上のチェックポイントに気付きました。

 税理士と机を並べて仕事をし、自然と税務知識も豊富になりますので、細かなポイントも見逃しません。


 すぐに、司法書士から税理士に、本当に税金がかからないのか確認。

 税理士が簡易試算を行い、百万単位で税金がかかりそうなことがわかり、お客様にご連絡。結果、贈与を再検討していただくこととなりました。


 このケースでは、土地の名義変更は1月、贈与の特例の申請は来年2月でした。


 普通の司法書士なら名義変更だけをこなし、気のきいた司法書士なら『来年2月の特例の申請は忘れないで』ぐらいの注意をしてくれるでしょう。

 そして、来年2月の申請時に、お客様は思わぬ税金負担にびっくり!!となるかも知れないケースでした。


 税理士と司法書士の提携は数多くありますが、名義変更時に税金試算までする連携は難しいと思います。
 別々の事務所なら、質問する時もお互いに気を使いますからね。


 今回は、机を並べた司法書士と税理士の連携で、お客様に大変喜んでいただく結果が出せました!


『机を並べて仕事をするってすごいな』と素直に驚いた一日でした。 



 東京都千代田区の税理士法人TOTALの税理士 沓掛です。
行政書士(建設業許可)・司法書士(会社設立)TOTALもよろしくお願いいたします。


mezase_koumei at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Profile
最新コメント